Bluetooth 携帯の電波は、植込み型医用機器に影響を与えるんですか?... 僕の

Bluetooth 携帯の電波は、植込み型医用機器に影響を与えるんですか?...のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

Bluetooth 携帯の電波は、植込み型医用機器に影響を与えるんですか?...

携帯の電波は、植込み型医用機器に影響を与えるんですか?現在札幌市内を走るバスや地下鉄では、携帯電話の使用を完全に禁止しています。理由は埋め込み型医用機器に影響を及ぼす恐れがあるからということです。総務省の調査では、「22センチ以上離せば影響は無い」と発表されています。その調査も携帯電話端末の送信出力を最大にするなどの厳しい条件でされた調査であるということです。日本では、携帯電話の電波は植込み型医用機器に影響があるという認識が多数のようですが、そのように叫んであられる方の大多数は総務省の実験結果を知らないようです。また、主要な先進国では影響は無いという認識のほうが強く、一部の国では病院内でも普通に使用されているということです。札幌市内でも、JRは「優先席付近では電源を切るように」という基準を設けており、その他の場所ではマナーモードにして欲しいと勧奨しています。実際に付近で携帯電話を使用していたために、誤作動を起こしたという事故の発生事例を聞いた事がありません。仮に自分がペースメーカ使用者であれば、総務省が発表した調査内容を見て、影響は無いと認識するでしょう。車内での携帯電話の使用を注意する人は、DSやPSP・ipodTuchなど無線LAN機器やBluetooth機器の使用者へは注意はしません。また、事業者も上記機器の使用については一切言及していません。心臓ペースメーカを使用者への配慮とも取れますが、むやみに恐怖心を植えつけているだけのような気もしますし、上記のような無線通信機器に対する対処を一切行なっていない以上、一方的で非常に偏った基準であると言わざるを得ません。「マナー」という言葉で片付けようとする人が多いですが、確かに携帯電話での通話は不快に感じる人もいるでしょうから、控えるよう勧奨することに異論はありません。「あなたがペースメーカ使用者なら?」という人もいますが、影響を与えるという前提での話しになると思うのですが・・・僕自身は、影響は無いとはいえ心臓ペースメーカ使用者の心情に配慮した、JRの見解が妥当と考えています。みなさんはどのようにお考えでしょうか?


スポンサーサイト

2008年03月07日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。